夏休みに登校日を設けている学校

夏休み期間中に、登校日を設けている学校が多くあります。休み前に十分な習得が出来なかった生徒を対象とした補修授業がおこなわれる場合もあれば、健康面の確認のための顔合わせとして、宿題の進捗状況の確認など、様々な意味合いで設けられています。登校日を設けることによって、休みのあいだの過ごし方に節目を作ることが出来ます。その日を目標にして、宿題を済ませておく、目標があれば、そのうちの何割を達成させておくといった、励みとしての位置づけがなされます。学校生活は、夏休み期間中であっても継続していることになります。

夏休みを有意義に過ごす方法

学校に通う多くの人にとって、やはり待ち遠しいのは夏休みではないでしょうか。プールや旅行、もちろん宿題もですが、やりたいことはたくさんあると思います。でも、時間は無限ではなく有限です。学校が休みになったその日から行動を起こすことが大切です。ダラダラしたい気持ちも理解できますが、気を引き締めましょう。有意義に過ごす方法は3つあります。毎日規則正しい生活をすることと、宿題を早めに終わらせること、毎日夜に次の日の計画を立てることの3つです。基本的なことですが、毎日持続することは簡単ではありません。それでも、これらを持続することで、時間にも精神的にもゆとりが出来て、夏休みを目一杯楽しむことができるのです。

↑PAGE TOP